インフルエンザ情報.com

インフルエンザの治療薬による腹痛

冬の11月から2月にかけて、日本では流行感冒症が大流行します。
その流行感冒症とは、インフルエンザを指します。
これは一般的な風邪とは違い、非常に症状が酷く、恐ろしい疾患として多くの人に知られています。
症状として高熱、腹痛、下痢、嘔吐、関節痛が特徴的です。
腹痛や下痢などの頻度も激しく、熱は40度以上まで達するのがインフルエンザの最大の特徴です。
インフルエンザは一般の市販の風邪薬で治療することは不可能です。
それはウィルスが肺で大増殖を起こし、それに抵抗しようとして様々な症状が起きているので、ウィルスの増殖を食い止める治療薬が必要になります。
インフルエンザになったら、医師にタミフルなどの専門の薬を飲み治療していくことになります。
しかしこのタミフルは効き目が強いものの、胃を荒らし腹痛を起こすこともあるので注意が必要です。
子供や高齢医者には飲みにくい薬でもあるので、他の治療薬で治療することを医師に相談してみると良いでしょう。
インフルエンザの治療薬はタミフルのほかにも吸入薬があります。
リレンザは吸入することによって肺に薬が行き届き、ウィルスの増殖を抑え症状を緩和していきます。
こうしたものであると胃を荒らさず、治療することが可能になります。
しかし感染してそれに対する対処療法ではなく、感染しにくいように対策を講じることが大事です。
腸が弱り免疫力や抵抗力が落ちていると感染リスクも非常に高くなるので、日頃から納豆やヨーグルトなど発酵食品や食物繊維などを豊富に摂取し、腸内環境を整えて免疫力を高めることが大事です。
また運動や入浴をし、体温を上昇させることを心がけウィルスを跳ね除ける体質にすることも大事です。