インフルエンザ情報.com

インフルエンザは自然治癒は難しく腹痛も伴う

日本の冬は寒いだけでなく、病気のリスクも高まる季節です。
人間の体温も低下することで免疫力が落ち、風邪などの感冒症を患いやすくなります。
また空気が感染することでウィルスの大増殖が見られやすくなります。
空気が乾燥するとインフルエンザが増殖し、人間の体に侵入しやすくなります。
人間の体に侵入すると一日から三日の潜伏期間を経て様々な症状が起こるようになります。
激しい腹痛、頭痛、嘔吐、下痢が続くほか40度の高熱なども見られます。
こうした腹痛や高熱によって生活がままならなくなります。
またインフルエンザは人から人への感染が見られ、大流行して学級閉鎖や企業が機能しなくなります。
そのため少しでも腹痛や熱が見られたらインフルエンザを疑い、早めの治療と人にうつさない配慮を講じることが大事です。
インフルエンザは自然治癒は先ず難しいと考えるべきです。
自然治癒を目指して放置すると肺炎を併発したり、脳炎や脳症に陥り取り返しのつかない状態になります。
自然治癒が不可能と言うことは医師の診断を受け、適切な薬を治療してもらい完治させることが大事です。
診察に行くと、検査で鼻の粘膜をとりインフルエンザの感染の有無を調べます。
陽性反応が出たらタミフルなどの専用薬で治療していくことになります。
タミフルは肺でのウィルスの増殖を抑え、ウイルスを死滅させ尿や便としてウィルスを体外に排出させます。
そのため非常にきつい薬でもあるので胃が荒れたり、腹痛になる事もあるので医師に胃薬なども同時に処方してもらうと良いでしょう。
また感染が確認されたら家族とは別の部屋に隔離し、他の人に感染させない配慮が大事です。
治療を始めて一週間程度の静養が必要です。